ダイエット情報館

簡単に綺麗に痩せられる情報を発信しています!

ダイエットとカロリーの関係!カロリー消費の原理を知りましょう!

   

ダイエットとカロリーの消費量

 

 

ダイエット時は、カロリー消費量に関心を向けるようにするといいでしょう。

ダイエットをうまく行うためには、食事から取り入れるカロリーを減らすほかにも、体を動かしてカロリーを使うことが重要です。

人間は寝ている間でも基礎代謝として一定のカロリーを消費していますが、積極的に運動することで、どんどん余分な脂肪を燃焼させ、ダイエット効果を高めることができます。

体温を保ったり、臓器の活動を維持するなどのために、人の身体は1時間に50kcalずつを使っています。

更にダイエットをしたいなら、例えば1時間歩くことによって150kcalを使うことが可能です。

ウォーキング以外にも運動の方法は色々あります。

ペースの遅めのサイクリングでも、1時間につき200キロカロリーの消費が見込めます。

消費されるエネルギーの量は、その人の新陳代謝の活発さでも大きく変わってきます。

同じ運動をしても新陳代謝の活発な人の方が多くのエネルギーを消費するのです。新陳代謝は若い頃には高く、年を取るにつれて減っていきます。

また、女性より男性の方が代謝が盛んに行われています。

ほっそりした人より、脂肪や筋肉がたくさんついている人の方がエネルギー燃焼が早いといいます。

体内に蓄積されている脂肪1㎏をエネルギーとして使うと、7000kcalに相当するといいます。

これだけのカロリーの量を一気に落とすのは、かなり体に負担をかけてしまうものです。無理なダイエットを実行して、健康を害しては何の意味もありません。

ダイエットを一刻も早く達成したいと思っていても、月に2㎏ほどのペースのダイエットがいいでしょう。

ダイエットを成功させるには、食生活による摂取カロリーと、運動などで消費するカロリーの釣り合いを考えることです。

 

 

 

ダイエットとカロリー

 

 

ダイエットする時にはカロリーについての知識が必要になってきます。

ダイエットをやり遂げるには、カロリーを意識せずにはいられません。

食べ物から摂取するカロリーと運動などによって消費されるカロリーのバランスによって、そのダイエットが成功するかしないかが決まっていきます。

カロリーとは、エネルギーの源となるエネルギーで、ダイエットを考える時の拠り所になるものです。

基本的には、食事で摂るカロリーよりも消費されるカロリーが多ければ、少しずつ痩せていくという方式が成り立ちます。

横になってじっとしている時でもカロリーは消費されますが、これは体温維持や臓器の活動など、どうしても必要なことにカロリーを使うためです。

約2,000kcalが、成人男性が1日で必要としている基礎代謝のエネルギー量だといいます。

成人の女性であれば、1800キロカロリー程度が、1日に必要なエネルギー量だといわれています。

もしダイエットをするのであれば、1日に必要となる最低限のカロリー量を上回らないように、摂取カロリーを抑えるか、運動によって消費される量を増やすしかありません。

ただし、摂取カロリーを減らそうとして無理な食事制限をするのは、生きていく上で体に必要な栄養素が不足してしまう可能性があるので、健康的なダイエットとは言えません。

美容や健康にいいダイエットをしたいのであれば、極端な食事制限はやめて普段より200キロカロリーを減らすくらいにし、あとは毎日の運動の習慣で体重が減るようにしてください。

カロリーを考えながらダイエットをすることは大事ですが、一品一品のカロリー量を緻密にチェックしながら行うがんじがらめのダイエットよりは、ゆるくきつすぎないダイエットの方が、ダイエットを長く続けやすいとされています。

 

 

 

ダイエットと低カロリー食品

 

 

どの食材が低カロリーかは、ダイエットの成否を左右する命題です。

ダイエットにとり組む人は、食品毎のカロリー量に目がいきやすいといえます。

飲み会など外食施設で食べるものはカロリーの高い食材や調理法に偏りがちですので、家で食べる習慣をつけることがダイエットでは効果的です。

最近では、通販ショップやドラッグストアーなどで、ダイエットに役立つものとして、低カロリー食品が数多く販売されています。

カロリーの低いダイエット食品が売り上げの高い商品として推奨されていたり、ドラッグストアで目立つ位置に配置されていたりします。

ダイエット食品はインターネットの通信販売などで定期購入をすることもできます。

家から手軽に注文ができますので、女性だけでなく多くの人に利用されているダイエット商品です。

体積の割に低カロリーな食材としては海草やこんにゃく、きのこなどがあります。

これらは前からダイエットにいい食品とされており、重宝されているといいます。

ダイエットをしていると間食を控えがちですが、たまに食べる時は高カロリー食品になりやすい洋菓子よりは和菓子を選択した方がいいと言われています。

加えてここ数年は、人工甘味料を使ったダイエット食品もちょっとしたブームになっています。

甘みを感じることができるゼリーやジュースでもカロリーがない商品も多く、ダイエット時のサポートをしてくれます。

食事を大幅に減らしたり、時には抜いたりすることでカロリーを減らす方もいますが、ダイエットをするなら1日3度の食事はしっかり摂りましょう。

たた食べなければダイエットができるということはありません。健康を損ねず、体への負担の少ないダイエットをするには、適切なカロリーコントロールと食事内容の見直しが重要になってきます。

 

 - ダイエット基礎知識 ,