ダイエット情報館

簡単に綺麗に痩せられる情報を発信しています!

確実に小顔になる?!小顔ダイエット方法とは?効果をより早く出す方法は?

   

小顔とダイエットについて

 

小顔になりたいと思っている女性はたくさんいますが、ダイエットするのはなかなか厳しい部分です。

体重やスタイルが気になる人は、食事制限などのダイエットをよくしますが、痩せたい部分だけを集中的にダイエットするのは、とても難しいものです。

人間の体は皮下脂肪がつきやすい部分とそうでないところがあり、太りやすいところは、逆に痩せやすいところでもあります。

顔となるとダイエット効果が出にくい場所でもあり、比較的ダイエット効果の出やすいおなか周りや太ももとはまた違うようです。

太りやすい部分は、体重の減少とともに、サイズダウンするのも意外に早いのですが、顔はなかなか変わりません。

たくさんの若い女性が小顔にあこがれているようですが、ダイエット効果はそう簡単には顔にまで出ないといいます。

例えば太っているといっても二重あごになる程であれば、あごの周りについた脂肪も体重の減少とともになくなるので、すこしは小顔に変化することもあり得ます。

顔はもともと余分な脂肪はつきにくい部分なので、顔に余分な脂肪がそれほど肥満体系でも無い人はついている訳ではないといえます。

ある程度ダイエットを進めていかないと、小顔というレベルにまではならないのが実際のところです。

それでも、少しでもいいから小顔になりたい人も少なくないはずです。

どうしても小顔になりたい人には、顔専用の特別なダイエット方法を取り入れるのが一番です。

ダイエットといっても運動や食事制限は体全体へのものですが、マッサージなどの小顔向けのダイエットが、小顔のダイエット効果を望むのであれば不可欠となるといえます。

より確実に顔にもダイエット効果が出るのでおすすめなのは、小顔に効果のあるダイエット方法と合わせて、運動や食事制限によるダイエットも合わせて進めることです。

 

 

小顔ダイエットと骨格について

 

 

どのような関係が、小顔ダイエットと骨格にはあるのでしょうか。

頭蓋骨やあごの骨など、顔にはその土台となる骨格というものがあります。

まずはよくいく小顔、大顔もこの骨格が基礎となっています。

顔は、頭蓋骨やあごのもともと顔を形成する骨が大きければ、人よりどうしても大きくなってしまいでしょう。

大きく顔の印象が変わりやすいのは、あごの骨の形です。

いわゆるエラの張っているあごの骨が横に広がっているような人は、そうでない人に比べると顔がどうしても大きく見られがちになってしまうでしょう。

反対にあまりあごの骨が発達していない人は、顔つきが華奢に見えるので、顔が小さく見えるようです。

小顔ブームもあり、さまざまな小顔ダイエットが最近では話題となっていますが、大きく分けて小顔になるための方法は2つのダイエット方法があるようです。

小顔になるダイエット方法のひとつとして、まずはマッサージや特別な表情などで顔の筋肉を刺激し、引き締めるというものがあります。

もうひとつは顔の周りのリンパをマッサージする事による小顔ダイエットです。

リンパマッサージによって血行を促進して、顔のむくみを取ることで小顔効果を高めるダイエット方法です。

いずれの方法も顔へのダイエット効果がありますが、顔はほかの体の部分と比較して、ダイエットしにくい傾向があり、やはり限界があります。

体のダイエットと違い、顔の脂肪はもともと少ないので、ダイエット効果が出るのは、そのほとんどがあごの周りと頬に限られるようです。

顔が小さくなった印象を顔の表情に違いが出て与えるというものが中心で、劇的に顔のサイズが小さく変わるようなダイエット方法ではないといえます。

実際のところ、サイズが大幅に小さくなるような小顔を手に入れたいのであれば、小顔のダイエットでは無く、骨格から矯正するのが一番現実的なのではないでしょうか。

 

 

小顔ダイエットと表情

 

 

顔の脂肪やシワだけでなく、小顔のダイエットをするならば、表情にも注意しなければなりません。

小顔になるには、50種類以上の筋肉が顔の表情顔にあるので、これらの筋肉をいかによく動かすかが重要だということです。

ダイエットといえば体重を減らすものですから、小顔ダイエットならば顔の脂肪を減らすというイメージがありますが、顔の場合には脂肪ではなく筋肉に注目する事が必要になります。

小顔のダイエットの場合に筋肉を重視するのは、日本語は英語などと比べると、口をあまり動かさずに発音するので、その分、顔の筋肉も動かしていない傾向があるからだといいます。

日頃から大笑いすることも少ない日本人は、確かに欧米人に比べるとそれほど感情を顔に出さずに生活している人もたくさんいます。

日本人と大きく異なる点は、欧米人は顔の表情だけでなく、身振り手振りを交えた大きなジェスチャーで人とのコミュニケーションを取るところではないでしょうか。

なかなか小顔ダイエットの効果は、あえて意識して顔の筋肉を動かさないと出ませんし、口をしっかり動かして発音することや、普段から表情豊かに過ごすことを意識することも重要だといえます。笑う時は大きく口を開けて豪快に笑い、酸っぱい時には思いっきり口をすぼめましょう。

しゃべる時にはハキハキと元気よく発音することが小顔ダイエットの第一歩です。

また、日頃から鏡を見ることも、実は小顔ダイエットには、とても大切なことです。

朝起きて顔のむくみ具合を確認したり、普段と顔つきが違っていないかチェックすることで、顔に対する意識が高まり、積極的に小顔ダイエットに取り組んでいこうという気分にしてくれます。

顔のサイズではなく、肌のハリの差とも言われているのが小顔ダイエットです。

たるんだ顔はそれだけで表情がぼやけ、顔のハリが無いと、見た目もむくんだ感じになってしまいます。

運動などを中心とした健康的なダイエットを小顔ダイエットを合わせて進めると、新陳代謝も活発になり、肌にもハリが出るので、小顔ダイエットにも相乗効果で役立ちますのでおすすめの方法です。

 - ダイエット方法 ,