ダイエット情報館

簡単に綺麗に痩せられる情報を発信しています!

女性の体型変化とスリムな体型維持のために必要なこととは?

   

スポンサードリンク

女性の体型

 

 

一口に女性の体型といっても色々です。

スリムな人、標準体型、ちょっと太めなど、個人差があります。

女性の体型は、加齢と共に徐々に変わっていくといわれています。

10代前半はホルモンの分泌が多く、身長や体重もだんだん増えます。

女性ホルモンの分泌が増える10代半ば以降は、成長は一段落して体型が女性らしくなります。

女性の体型になるのがこの頃で、くびれのある体つきになります。

20代になると皮下脂肪や体重も落ち着き、ウェストもほっそりとして、大人の女性らしい体型になります。

太りやすくなるのが30代です。腹部や腰に脂肪がためこまれやすくなり、体型がずんぐりとしていきます。

皮膚のたるみが目立つようになり、胸やお尻が下がり気味になります。

女性の体型は、40歳以降になると下半身のボリュームが減り、上半身のウエストまわりに脂肪が蓄積されやすくなります。

女性の体型は年齢とともに変わっていくのです。

人によって違いはありますが、女性の体型はおおまかにこのような状態です。

筋肉が減らないよう運動の習慣を作り、健康にいい食事を続けることで、年を取っても女性らしい体型をキープすることもできるといいます。

 

 

 

女性の体型維持と運動

 

 

 

体型を崩さないためには、女性は運動が役立ちます。

スポンサードリンク

ダイエットは食事制限など食べるものを変えるだけでできることもありますが、体型を保つには食事だけでは不十分です。

30代を超えたら、1日少なくとも30分の運動が必要であるという調査結果もあるようです。

毎日30分も運動をするのは簡単ではないと考える方も多いようです、スケジュールを見直すなどして時間を作るようにしましょう。

女性が体型を保つためにできる運動としてよく行われるものは、ウォーキングでしょう。

張り切って最初からジョギングやマラソンをしても、体への負担が大きかったり、結果的に長く続けられずに挫折してしまうといいます。

元々あまり運動をしないような人ならば、ウォーキングから始めてみましょう。

ダンベルやフラフープなども、簡単に始められる運動のひとつです。

ダンベルは特に背中や二の腕、ウェストなどの脂肪が気になる人にとって適した運動です。

一日に5分くらいずつから開始し、少しずつ運動の時間を伸ばしていって、最終的には20分の運動を2セットを目指します。

ダンベル運動で胸の上の筋肉を強化することは、バストの張りを取りもどす効果が期待できるといいます。

フラフープをする場合は、お腹の部分でフラフープを回すだけの簡単な運動です。女性の太りやすいウェスト部分に効果絶大の運動です。

女性らしい体型を保つだけでなく、フラフープはインナーマッスルを鍛えて内臓脂肪を燃焼させ、メタボリック症候群の対策効果が期待できる運動だといいます。

 

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

 - ダイエットと女子事情 , ,