ダイエット情報館

簡単に綺麗に痩せられる情報を発信しています!

体重と減量のメカニズム!減量するには食事の見直しが大事

   

体重と減量について

体重などの量を減らすことを減量といいます。

ボクシング選手などが規定体重になるために食事量を減らしたり運動やサウナを使うことをイメージする人が多いようです。

確かにボクサーの人は、試合前に過酷な運動や食事方法などを使って減量して体重の調整をします。

減量方法はボクサーではない私たちには、決して体に良い減量方法であると言えません。ボクサーは毎日体を鍛えて、試合に備えてすでに体も十分に出来上がっています。

そもそも普段からの鍛え方が異なる以上は、多少は体を使っているとはいっても減量に持ちこたえるだけの体があるとはいいきれません。

なにより数日で体重を極端に減量するので、リバウンドしやすい体になってしまう可能性があります。

体重のダウンを目指す場合は、ある決まった瞬間にだけ減っていればいいものではなく、恒常的な体重減少を望みます。

減量後のリバウンドを防ぎたいのであれば、体重の増減が何で起きるかを知ることから始めましょう。

合わせて自分の食生活や、運動などを取り入れる体に負担を掛けない健康的な減量方法がやはり効果的なのです。

久々に体重計に乗ったら、思いがけなく太っていたという話は珍しくありません。

食事量が特に増えたわけでも、運動量が特に少なかったわけでもないのに、体重が多くなっていたということもあります。

増えた体重を減量するのも大切ですが、日々の体重を管理して健康的な体重を維持する努力を怠らないようする事も大切です。

 

 

 

 

減量と体重が増えるメカニズム

減量を効果的にすすめるには、体重が増えて体が太るメカニズムを知る事が早道と言えます。

脂肪が増えることで体重が増えますが、それは運動などで使うカロリーより多くのカロリーを食事などで取り入れたためです。

通常、人体は摂取したカロリーをエネルギー源として生命活動や運動を行います。

摂取カロリーが多すぎると、もしもの時に備えて脂肪とするのです。

減量を効果的にすすめる為には、消費エネルギーが摂取エネルギーを超えるようにすれば、体重はおのずと減ることになるのです。

摂取エネルギーというのは、自分が1日に食べた物の総カロリーを指します。

消費エネルギーと言うのは、基礎代謝と呼ばれる、人間が生きる為に1日に最低限必要なエネルギーと生活や運動などによって消費したカロリーを合計したものです。

人間の消費カロリーのうち、約7割が基礎代謝だとされています。減量する為には、基礎代謝をあげる必要があります。

カロリー制限によるダイエットをある程度行っているという人は、食事量が少なくとも生命活動に支障が起きないよう、基礎代謝が下がっている場合があります。

低下している基礎代謝を上げるため、たんぱく質を多めに取り入れ、適度な有酸素運動を習慣づけることが効果的だといいます。体質改善によって基礎代謝をアップさせることができれば、減量がうまくいくようになります。

基礎代謝が高まれば、安静にしていてもカロリーが消費されていき、減量が進んでいきます。

 

 

 

 

減量には食事を見直す方法が大切

食べる量を減らすことによって減量を行い、体重を少なくしたいという人はたくさんいます。

食事制限をする場合、食事メニューを何にするかも大事です。

基礎代謝をアップすることによって、脂肪が燃焼しやすくなり減量効果はより高まるためです。

基礎代謝のより高い体質になるには、食事だけでなく、体を動かして筋肉増量をはかることです。

ストレッチ運動やダンベル体操など、筋肉を増やす運動を継続することで基礎代謝がアップできます。

長期間に渡って筋トレを行うことで筋肉増強効果があり、基礎代謝が増します。

また、筋トレ運動そのものが消費エネルギー量を増やします。

筋力トレーニングは、無理して毎日する必要は無く特に筋肉をつける為、減量する為には週2~3日程度の方が効果的なのです。筋力アップをするには、食事内容にも気をつける必要があります。

減量の手段としてカロリーの低い食材ばかりを意図して選んでいる人もいますが、基礎代謝の低い体質になってしまいます。

筋肉量を増やすには、筋肉の源になる良いたんぱく質を摂取する必要があります。

脂質の多い食事は高カロリーだからと、肉や油を一切使わない食事をすることで減量を実践するという人もいます。

極端な食事制限は基礎代謝を引き下げてしまい、食事からカロリーを得ても使わずに蓄積するようになります。

減量したいならば、たんぱく質を意識して取るようにする事が大切です。

たんぱく質でも低カロリーである鶏肉、納豆、豆腐、ヨーグルトなどを摂取しましょう。

たんぱく質を摂取しつつ食事からのカロリーが多くなりすぎないように気をつけること、そして適度な運動をすることが減量で体重を減らすためには必要です。

 - ダイエット方法, 未分類