ダイエット情報館

簡単に綺麗に痩せられる情報を発信しています!

ダイエット停滞期をあえて食べることで脱出する簡単な方法!

      2016/01/30

ダイエットの停滞期は誰にでも必ずやってくるものです。
停滞期になると、食べることをさらに我慢してダイエットを成功させようと
頑張りすぎている人いませんか?
逆逆!
ダイエット停滞期こそ食べることで、その後ガツンと体重が減っていくんです!
さて、その仕組みとは?

ダイエット停滞期に食べるとなぜ体重が減りやすく、停滞期を早く脱出できるの?

ダイエットをしているとはじめは順調に体重が減っていくのですが、
ある一定の体重までくるとうんともすんとも動かなくなってしまう傾向になります。
運動を増やしても、ダメ。少しでも食べようものなら体重は増加の一歩。
あと少しで目標体重に届きそうな人ほど、思い通りにならずにイライラしますよね?
そんなダイエットの停滞期を食べることを控えて、運動量を増やすことでのし超えましょう!
みたいな情報を信じて一生懸命していた人は、今すぐに食べて大丈夫です!
実はあえてこのダイエット停滞期を食べることにより、体重を減らしやすくさせることができます。
しかし、もちろん停滞期=食べるOK!しかもいくらでも、いつまでも!
てなわけにはいきません。
ちゃんと方法があります。
ダイエットの停滞期に突入したとはっきりわかった時、体の状態はどんな状態になってしまっているで
しょうか?
体の状態としては、これ以上今までのペースで体重が落ちて、脂肪が減っていくことは
生命の危機だぁー!!と警鐘を鳴らしている状態です。
そして、体は何を差し置いても生命を守ろうとして究極なエコ運転を開始します。
そのために今までとおなじ食事のメニューや運動メニューをこなしても全く体重は
減りません。
それどころか、体重が増えていく!という人もいます。
体は超、超省エネを実施しまています。
少しのカロリーも無駄にせずに、口から食べ物が入ってくると少しでも蓄えようと
頑張ってしまいます。
そんな状態の体に、どうやって生命の安全をアピールしますか?
それはけっこうな期間、この摂取カロリーと消費カロリーでも生命は維持できますと、
キープし続けていくしかないのです。
その間は体重は減らずに、少し上下するだけです。
これでは精神的に苦痛が大きくて、リバウンドの原因になります。
そんな時に、逆い一気に食べるのです。
それこそリバウンドじゃん!と思うかもしれませんが、リバウンドしちゃう人は1日だけ
食べるんじゃなくて、そのまま食べ続けているからリバウンドするんですね。
この停滞期にあえて食べるという方法は1日だけ、1日の自分の基礎代謝の3~4倍のカロリーを
とってよし!というものです。
だから、好きな物を食べちゃうましょう!この日だけはOKです☆
こういうことをしておけば、例え体重は一時増加しても体は超省エネには切り替えないので、
また、次の日から運動をして、カロリーの制限をかけることにより順調に体重は減って行きます。
また、この爆発食いの日を設けることで体は生命維持にあまり敏感ではなくなります。
きちんとヤバイかな?という時期になると、食べるということを体が覚えてくれます。
ダイエット停滞期はあえて食べることで停滞期自体をなくすことだってできるんですね!

 - ダイエット方法 食事 , , , , , , , , ,