ダイエット情報館

簡単に綺麗に痩せられる情報を発信しています!

妊娠中のダイエットはどんな方法が一番よい?

      2016/01/30

スポンサードリンク

妊娠の初期はつわりがある人、ない人ではっきりと体重管理の方法が
違ってくる可能性があります。
つわりがある方は体重とかダイエットうんぬんではなく、まずは体力温存と
安静にこの辛い時期を乗り切ることが一番ですね。
そして、ダイエットよりもまずは体重が減りすぎないように気をつけることが大切です。
しかし、つわりがある人って実は全体の4割強なんですって!
つわりが軽い、またはないと感じる人も半数です。
つわりがない人はそりゃ、初期かた気を付けないと後半に体重管理が大変だった!
という声をよく聞きます(>_<) でも、つわりがないからといって軽い人もない人も初期は無理な運動は絶対に厳禁です! 安定期に入った頃から、軽いお散歩程度でしたら問題ないと言われていますが、 初期はつわりがあろうとなかろうと、しっかり好きな物を食べて安静にしていることが 一番です。 痩せ過ぎな妊婦が子供を将来デブにする?!

先進国の妊婦の中で一番細いと言われているのが日本人の妊婦さん。
今は「痩せ願望」が強く、妊娠中だろうが、なんだろうが絶対に体型は維持する!
という人、けっこう多いみたいです。

スポンサードリンク


しかし、そんな妊婦さんが本来必要な栄養も取らずに、出産に望むことで
赤ちゃんは低体重で産まれる可能性が高いといいます。
低体重で産まれた子供は将来、病気になる確率が非常に高く、しかも肥満になる傾向が
強いと言います。
これってお母さんのエゴで、お腹の子供にツケを払わせているようなものですね。
それでも、体型維持!っていう人もいるかもしれませんが、出産後ってちゃんと痩せやすいように
体が動いてくれますので、今から必死にならんくても本当に大丈夫なんですよね(´Д` )
なので、ダイエットを必要とする人は病院の先生に注意された人のみですね(笑)
太りすぎもいけないとよくいわれます。
出産の時に産道に脂肪が付きすぎると、赤ちゃんがスムーズに出てくるのが
難しくなるからです。
それもそうですよね。
そういう方は運動を無理に行うよりも、食事内容を見直しましょう。
栄養のバランスを考えて、健康的な食事とおやつを食べるようにするだけで、
産後の体型体重の戻りも全く違います!
そして、食べる順番もちょっときを使うことで必要以上にカロリーを摂取することを
避けてくさます。
まずは、野菜⇒お肉・魚⇒炭水化物というこの順番で食事をしてみて下さい。
お腹は一杯になっても、過剰にカロリーは溜まらないようになっています!
なにはともあれ、まずは自分の体型・体重より赤ちゃんが元気に産まれてくることを
一番に考えましょう☆

スポンサードリンク

おすすめ記事

 - 妊娠中・産後ダイエット方法