ダイエット情報館

簡単に綺麗に痩せられる情報を発信しています!

フランス議会で決定!BMI18%以下のモデルは駄目!痩せすぎモデルにストップ

      2016/01/30

スポンサードリンク

パリコレ等で超スレンダーなモデルが颯爽と風をきりステージを歩く姿は
10代の女の子達にはどれほど憧れに映るか…。
年頃の女の子達は、雑誌やモデル、女優さんを目標としてダイエットしたり
自分の理想の体型を目指す事が多いですよね!?
でも、無理しすぎたりすると拒食症になってしまったり、生理不順になってしまったり…。
そんな憧れの的となるべく、モデルさんたち対してフランスである決まりができそうです。
その内容はファッションモデルはBMIが18%以下のモデルはつかわない。
というものです。
あまりに痩せすぎな印象を与えるとこれが理想の体型なんだ!と若い子たちは
素直に思ってしまい、その体型に近づこうとして必死に痩せようとします。
その結果、健康を害してしまうという事例があまりにも増えすぎているらしいです。

鏡に映る本当の自分を認められない…いろんな意味で

スポンサードリンク

A美、超ほそくな~い!ヤバーイ!
B子だってガリガリじゃん。細いよ~。
でも、A美もB子もそんな友達の言葉を心から受け取っていないかもしれません。
いろんな意味で…。
いろんな意味というのは、本人は太ってる!と半分強迫観念のような気持ちを持っていると
誰からみてもかなり痩せているのに、本人はまだ太っている!と感じるのです。


それは本当に危険な心理状態ですよね。
逆に私細くない?!とぽっちゃり子が自分を鏡で見て、惚れ惚れしている姿のほうが
まだ健全。
フランスの若い世代の女の子達の中で、拒食症が問題になっています。
食べては吐いてしまったり、食べる事自体を拒否しだします。
そうなると、健康も精神も害してしまいますので、人としての正常な生活自体も
営めなくなります。
多感な10代の子たちはそれが良くも悪くも、 正解だ、良い事なんだと素直に
信じ込んでしまう事がまたいたたましい事でもあります。
フランス下院でこのBMI18%以下のモデルの起用はないとの法案に、ファッション業界からは
かなり反発があるそうですが、親としての目線からだと賛成という人が多いかも
しれませんね。
健康な身体が本当に資本ですよ。

スポンサードリンク

おすすめ記事

 - セレブに学ぶダイエット方法 , , ,