ダイエット情報館

簡単に綺麗に痩せられる情報を発信しています!

女性ホルモン影響?生理中ダイエットを成功させる方法

      2016/01/30

スポンサードリンク

生理前とか生理中って精神的にもイライラしたり、落ち込んだり…
女性の身体も心もなんだかいつもと違って不安定になってしまいます。
それは女性ホルモンのせいです。
女性ホルモンは生涯にスプーン1杯しか分泌されないホルモンなんです。
でも、女性はこの女性ホルモンに左右されるといっても過言ではないくらい
影響をバンバン受けます。
そんな生理前はどうしても食欲が止まんない!
食べなくても太る!
という方もこれを読めば安心できるかもしれません。

生理前・生理中の体重増加は太った事にならない?!

生理前になると女性ホルモンの働きにより、身体はいつもより脂肪を蓄えようとします。
それだけではなく、水分も溜め込みます。
食欲が湧いて、食べても食べてもお腹が空く…
という方も多いのではないでしょうか?
生理前や生理中に1~3キロ体重が増えるという方もいます。
しかし、体重は増えてもそれはとても自然な事なのです。
しかもその増えた分は脂肪が付いたわけではなく、ほぼ水分で体重が
アップしたと思って良いです。
ということはむくみやすくなっているという事です。
例え生理前や生理中にダイエットとして運動やエクササイズを一生懸命に
行ったとしても効果が薄いと言われます。
それよりもむくみの解消に専念した方が生理後スッキリとした身体になれます。

生理中の食欲を抑える方法

スポンサードリンク

生理中のダイエットは女性ホルモンの影響をこれでもかと受けている状態です。
どんなに精神的にタフな方でもやってもやっても運動等も効果が
でないと心が折れてしまう可能性もあります。
その結果、もういい!と暴飲暴食をしてしまうとリバウンドをしてしまいます。
せっかく今まで頑張ってきたダイエットが水の泡にならないためには
まず食欲をセーブする事が大切になります。
食欲を抑えるのに良いのがココアです。
ココアはとてもお腹に溜まります。
しかも食欲を抑えてくれる成分が含まれているので、生理中等にもってこいの
飲み物です。
暖かい飲み物は身体も温めてくれます。
女性ホルモンの働きで水分を溜めやすく、代謝が落ちているこの時期は
身体もとても冷えやすいので暖かい物を飲んだり、食べたりすると
生理の症状も軽減されると言います。
女性ホルモンと上手に付き合う事でダイエットも美容も素敵に叶えましょう☆

スポンサードリンク

おすすめ記事

 - ダイエット 女性ホルモン